トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

台風5号、東海に大雨突風 豊橋でトラック2台横転

突風が発生し、横転したトラック=7日午後6時6分、愛知県豊橋市前芝町で(鵜飼一徳撮影)

写真

 台風5号は七日、四国の太平洋岸を進み、午後三時半ごろ、和歌山県北部に上陸した。近畿から北東に進み、九日にかけて東日本を縦断し日本海に抜ける見通し。西日本から東日本まで広い範囲で断続的に非常に激しい雨が降った。東北の南部でも大雨による河川の増水や土砂災害などに警戒が必要だ。

写真

 レーダーの解析では、大阪府の泉南市と貝塚市付近、滋賀県東近江市付近、山梨県の都留市と大月市付近でそれぞれ一時間に九〇〜一〇〇ミリ程度の猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は記録的短時間大雨情報を出した。和歌山県湯浅町では一時間に八〇ミリの猛烈な雨が降り、高知県や徳島県では二十四時間雨量が三〇〇ミリを超えた。最大瞬間風速は高知県室戸市で四〇・〇メートル、和歌山県日高川町で三〇・八メートルを記録した。

 台風5号は上陸後も速度が遅いまま本州を北東に進むとみられ、各地で影響が長く続きそうだ。台風の周囲を回るように南東から湿った空気が流れ込むため、中心から離れた地域でも局地的な大雨になることがある。

 徐々に勢力を弱めながら北陸や東北沖の日本海に抜け、九日午後までに温帯低気圧に変わる可能性が高いが、長野県などの山地で進路を南寄りに変える恐れもある。

 台風5号は七日午後九時現在、滋賀県彦根市付近を時速約三〇キロで北東に進んでいる。中心気圧は九八〇ヘクトパスカル。

◆三重、2万8000人避難勧告

 名古屋地方気象台によると、降り始めから七日午後十時までの総雨量は、三重県大台町で三四三・〇ミリを観測。七日午後十時までの最大瞬間風速は、愛知県常滑市で二八・三メートルだった。

 総雨量は岐阜県関ケ原町で二三八・〇ミリ、愛知県豊田市で一四〇・五ミリ。最大瞬間風速は、岐阜県関ケ原町で二二・八メートル、三重県紀北町で二五・五メートルと強風が吹いた。八日午後六時までに予想される雨量は、愛知県全域、岐阜県美濃地方、三重県の全域で、多いところでは三〇〇ミリに達する見込みだ。

 愛知県豊橋市災害対策本部などによると、突風の影響で、走行中のトラック二台が横転。約三十棟の瓦が飛ばされたり、窓ガラスが割れたりした。六歳の男児と六十代の男女二人が割れたガラスなどで切り傷や打撲の軽傷を負った。同県一宮市でも歩行中に風にあおられて転倒した七十代の男性が軽傷を負った。

 三重県では朝日町の男性(89)が自宅で作業中、強風で飛ばされた板が左肩に当たって軽傷。明和町でも八十代女性が軽傷を負った。川越町や松阪市で計三十二棟の瓦が飛ばされ、店舗や自動車の一部が壊れた。

 三重県では大紀町、松阪市など七市町の一万二千八百世帯の二万八千九百三十二人に避難勧告が出され、三百五世帯の四百十五人が避難。岐阜県は午後八時、大垣市上石津町時山地区に避難勧告を発令し、六十一人が避難した。愛知県では一宮市や津島市などで百九十二人が避難した。

 国土交通省滋賀国道事務所によると、三重県亀山市から滋賀県甲賀市までの国道1号の四・六キロを通行止めした。JR東海は雨量規制の影響で東海道線大垣−米原で運転を見合わせ。中央線中津川−塩尻、関西線四日市−亀山間などで運転を取りやめたほか、東海道線の豊橋−大垣、関西線の名古屋−四日市間で通常の半数に減らした。名鉄は空港線常滑−中部国際空港間で断続的に運休。近鉄は鳥羽線五十鈴川−鳥羽間で一時運休した。

 中部国際空港(愛知県常滑市)では国内線、国際線合わせて百十六便が欠航。県営名古屋空港(同県豊山町)に就航するフジドリームエアラインズ(FDA)は計十八便が欠航した。津市−中部国際空港間の連絡船、三重県鳥羽市と愛知県田原市を結ぶ伊勢湾フェリーも始発から全便を運休。

 中部電力によると午後九時現在、三重県の津市、四日市市、松阪市などで三千二百三十世帯で停電。愛知県は豊橋市と豊田市の百四十世帯、岐阜県は養老町の四百十世帯で停電。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索