トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

祇園宵山、人の波

祇園祭の宵山を迎え、大勢の人でにぎわう四条通=16日夕、京都市で(横田信哉撮影)

写真

 京都の夏を彩る祇園祭は十六日、前祭(さきまつり)の山鉾(やまほこ)巡行を翌日に控えた宵山。山や鉾が並んだ都大路は歩行者天国となり、約三十二万人の人出(午後十一時まで)でにぎわった。ときおり雨が降る中、「コンチキチン」とかねの音が響き、山と鉾のほのかなちょうちんで、幻想的な雰囲気が漂った。

 昨年末、祇園祭とともに国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産の一つに選ばれた犬山祭(愛知県犬山市)の関係者も雑踏警備などの視察に訪れた。

 山鉾巡行は十七日午前九時、長刀(なぎなた)鉾を先頭に出発する。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索