トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

名鉄、南北400メートルのビル 名古屋駅再開発で建設へ

名古屋鉄道が発表した再開発後のターミナルビルのイメージ図

写真

 名古屋鉄道は二十九日、二〇二七年のリニア中央新幹線開業に向けた名古屋駅周辺の再開発で、南北に四百メートルと細長い国内最大級のターミナルビルを建設する方針を明らかにした。二二年度に着工する。

 名鉄が再開発の全体計画のイメージ図を公表した。説明では、約二万八千平方メートルの再開発区域の北端から南端までを活用し、既存ビル六棟を一棟の巨大ビルに建て替える。高さは百六十〜百八十メートルで三十階ほどという。日本ビルヂング協会連合会(東京)の担当者は「長さ四百メートルでの高層ビルは国内では前例がない規模だ」と指摘している。

 ビル内には商業施設やオフィス、ホテル、賃貸住宅などが入り、それぞれの規模や運営形態は今後検討する。このためビルの大きさが変わる可能性もある。完成時期は示していない。

 地下にある名鉄名古屋駅は二七年までに現在の約二倍の面積に広げ、ホームや線路を増やして乗り換えやすくする。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索