トップ > 特集・連載 > 丸栄 思い出ありがとう > 記事

ここから本文

丸栄 思い出ありがとう

丸栄75年、感謝の別れ

大勢の買い物客らが見守る中、最終日の営業を終え閉店した「丸栄」=30日午後8時、名古屋・栄で(佐藤哲紀撮影)

写真

 名古屋・栄の老舗百貨店丸栄が三十日、閉店し、七十五年の歴史に幕を下ろした。店の出入り口から、店舗に面した広小路通の車道まであふれるほど大勢の客が押し寄せ、最後のシャッターがゆっくりと閉まるのを見守った。

 閉店時刻の午後七時からやや遅れて始まった式典で、浜島吉充社長は「丸栄は本日ただいまの時間をもちまして、誠に勝手ながら閉店をさせていただきます」と営業の終了を告げた。深々とお辞儀すると、「ありがとう」という声とともに、客から温かい拍手が起こった。

 娘と閉店の瞬間を見守った名古屋市東区の主婦長江恵子さん(80)は「毎日買い物に来ていたので、明日から丸栄がないと思うと寂しい」と話した。

 丸栄はバブル期まで業績を伸ばし、ピークだった一九九二年二月期の売上高は八百二十五億円だった。しかし近年は赤字経営が続き、二〇一七年二月期は百八十六億円まで落ち込んでいた。

 店舗は、九月から一年半ほどかけて取り壊し、親会社の興和(名古屋市)が跡地の再開発に着手する。浜島社長は「栄地区のさらなる活性化を図るための発展的な店舗営業の終了と捉えていただきたい」と話した。会社は存続し、社員の二割強にあたる約三十人が総務や経理、外商部門で働く。残りの社員は興和のグループ会社への転籍や、他の百貨店に移るなどする。

 <丸栄> 1615年創業の名古屋の呉服店「十一屋」と、京都の丸物百貨店が1937年名古屋につくった「三星」が源流。十一屋と三星は太平洋戦争中の43年に統合し、「栄で丸く栄える」との思いから社名を「丸栄」とした。名古屋の百貨店では1611年創業の松坂屋に次ぐ歴史がある。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索