トップ > 特集・連載 > 丸栄 思い出ありがとう > 記事

ここから本文

丸栄 思い出ありがとう

制服であの頃思い出して 3種類復刻

復刻された歴代の制服。中央が1979年の一般社員用、左右がお客さま案内係用で、左が89年、右が71年に作られた

写真

 丸栄一階でお客さま案内係を務める女性社員三人が二十一日、昔のデザインを復刻した三種類の制服姿で接客した。三人の出勤がそろう二十四日と二十八日も着用する。

 いずれも閉店に合わせて復刻された。二つは案内係の制服で、淡い黄色に紺色のネクタイを締めたものは一九七一年に、白地に金ボタンが付いたものは八九年のバブル期にデザインされた。えんじ色の制服は七九年に一般の女性社員用にデザインされた。

 華やかな色合いの制服は現在よりも百貨店が活気づいていた時代を象徴しているようだが、三人は「派手さに時代を感じる。もっとシンプルな方が…」と戸惑いも。七一年の黄色い制服を着用した小林愛実(めぐみ)さん(27)は「丸栄とお客さまへの感謝を込め、閉店まで笑顔で接客したい」とほほえんだ。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索