トップ > 特集・連載 > 知るコレ! > 記事一覧 > 記事

ここから本文

知るコレ!

キリン 絶滅危惧種に

写真

 背(せ)が高く、首が長い動物(どうぶつ)「キリン」。日本では動物園にいる身近(みぢか)な存在(そんざい)ですが、野生ではその数を減(へ)らしています。昨年(さくねん)12月には、国際自然保護連合(こくさいしぜんほごれんごう)(IUCN(アイユーシーエヌ))が初(はじ)めて絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)に指定(してい)しました。生息地(せいそくち)のアフリカで何が起(お)きているのでしょうか。 (世古紘子(せこひろこ))

 IUCN(アイユーシーエヌ)(本部(ほんぶ)・スイス)は国家や政府機関(せいふきかん)、非(ひ)政府組織(そしき)(NGO(エヌジーオー))でつくる国際自然保護団体(こくさいしぜんほごだんたい)。1966年から絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)のリストを作り、公表(こうひょう)しています。「世界(せかい)で最(もっと)も信頼(しんらい)が置(お)けるリストと言われているんですよ」と話すのは、IUCNと関(かか)わりが深(ふか)い世界自然保護基金(ききん)(WWF(ダブリュダブリュエフ))ジャパン(東京都(とうきょうと))の大倉寿之(おおくらひさし)さん(52)。

 絶滅危惧種は絶滅の危険度(きけんど)が高い順(じゅん)に「IA類(いちエーるい)」「IB(ビー)類」「II(に)類」と3種類あります。今回キリンが分類されたのは、絶滅の危険が増大(ぞうだい)しているとされる「II類」。大倉さんによると、指定(してい)時は専門家(せんもんか)が(1)現在(げんざい)の個体(こたい)数(2)減少(げんしょう)のスピード(3)今後の見通し−などを検討(けんとう)するといいます。

 野生のキリンは、アフリカ大陸(たいりく)のサハラ砂漠(さばく)より南にある草原で暮(く)らしています。専門家が調(しら)べたところ85年には15、6万頭いましたが、2015年に10万頭を切り、9万7500頭に。大倉さんは「30年間で約(やく)4割(わり)がいなくなり、急激(きゅうげき)な減(へ)り方です。今後の見通しも悪(わる)く指定に至(いた)りました」と説明(せつめい)します。

 減った最大(さいだい)の原因(げんいん)は生息地(せいそくち)の減少です。この間アフリカでは人口が急に増(ふ)え、居住地(きょじゅうち)や農地(のうち)にするために草原が失(うしな)われてきました。アフリカは広いから大丈夫(だいじょうぶ)と思うかもしれませんが「大人の雄(おす)が1日に食べる葉(は)は20キロ。広い土地が必要(ひつよう)で、少し減っても大打撃(だいだげき)です」。

 加(くわ)えて密猟(みつりょう)も絶(た)えません。現地(げんち)では肉を食べる習慣(しゅうかん)があり、毛皮(けがわ)も狙(ねら)われています。長さ1メートルの尻尾(しっぽ)の毛はアクセサリーなどの材料(ざいりょう)になり人気。土産(みやげ)として販売(はんばい)されています。

 密猟が深刻(しんこく)なゾウやサイの陰(かげ)で、キリンは今まであまり注目(ちゅうもく)されてきませんでした。大倉さんは「絶滅危惧種になったことで今後、保護区(く)を増やすなど対策(たいさく)が進(すす)めば」と望(のぞ)んでいます。

 IUCN(アイユーシーエヌ)のリストには、絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)として哺乳類(ほにゅうるい)や鳥類など計2万4307種が載(の)っています。私(わたし)たちができることはあるのでしょうか。

 1つは、状況(じょうきょう)を知ることです。東山動植物園(ひがしやまどうしょくぶつえん)(名古屋(なごや)市)では毎週土曜に絶滅危惧種を紹介(しょうかい)するツアーが開(ひら)かれています。主催(しゅさい)するフリープロデューサーの佐々木(ささき)シュウジさん(51)は「園内の約(やく)550種中、5分の1の約110種が絶滅危惧種。東山は国内で最(もっと)も多い」と説明(せつめい)します。

 2月初旬(しょじゅん)のツアーでは参加者(さんかしゃ)とタンチョウやアフリカゾウなど7種の展示場(てんじじょう)を回りました。IA(いちエー)類のサル「ヒゲサキ」は、「アマゾン川流域(りゅういき)の開発(かいはつ)で生息域(せいそくいき)が失(うしな)われています」などと解説(かいせつ)。佐々木さんは「ただ『かわいい』でなく、数が減(へ)っていることや理由(りゆう)も考えてほしい」と強調(きょうちょう)します。

 生息地を守(まも)るためにできることもあります。注目(ちゅうもく)してほしいのは一部(いちぶ)のノートや紙パックなどに付(つ)いている「FSC(エフエスシー)マーク」=図。動物のことを考え、管理(かんり)された森から原料(げんりょう)となる木を切り出していることを示(しめ)します。大倉(おおくら)さんは「優先的(ゆうせんてき)に選(えら)び取(と)ることが、大きな意味(いみ)で動物を守ることにつながります」と呼(よ)び掛(か)けます。

写真
 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索