トップ > 特集・連載 > 論壇時評 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

論壇時評

LGBT問題は文学か政治か 法制度で困難は解消 中島岳志

 『新潮45』10月号が組んだ特集企画「そんなにおかしいか『杉田水脈(みお)』論文」が社会的な批判を浴び、休刊が決定した。中でも小川榮太郎「政治は『生きづらさ』という主観を救えない」は、LGBT(性的少数者)への差別と侮蔑を含んでいるとされ、大きな問題となった。

 小川はLGBTの生き方を「痴漢症候群の男」と対比し、彼らの「困苦こそ極めて根深かろう」と揶揄(やゆ)した。また、LGBTの権利を保障するのであれば、痴漢症候群の男の「触る権利を社会は保障すべきではないのか」と挑発した。さらに「LGBTという概念については私は詳細を知らないし、馬鹿(ばか)らしくて詳細など知るつもりもない」と一蹴した。

 これに対して、『新潮』編集長の矢野優は、同誌11月号「編集後記」で、小川の文章を「人間にとって変えられない属性に対する蔑視に満ち、認識不足としか言いようのない差別的表現だと小誌は考えます」と断罪。同じ出版社が刊行する雑誌からの批判は、この問題の深刻さを浮き彫りにした。

 武田砂鉄は『文学界』11月号に掲載した「時事殺し−第三十三回『きちんとした文章』で」の中で、小川の文章は無理解への傲慢(ごうまん)な開き直りに依拠しており、まったく「論」になっていないと突き放した。そして、「人間の痛みを知らない人、知ろうともしない人、どこかで痛む人が生じるかもしれないと想像できない人は、公の場で文章を書くべきではない」と論じた。

 その通りである。小川の文章はLGBTへの差別以外の何物でもない。多くの批判を受けるのは当然であり、この文章を掲載した『新潮45』関係者の責任も重い。

 小川はLGBTの問題を「国家や政治が反応すべき主題などではない」とし、「文学的な、つまり個人的、人生的な主題である」としている。そして、「政治は個人の『生きづらさ』『直面する困難』という名の『主観』を救えない」、「いや、救ってはならない」と述べ、「政治の役割は生命、財産、安全のような、人生の前提となる『条件』を不当な暴力から守る事にある」としている。

 このような政治と文学の居場所を明確に峻別(しゅんべつ)するあり方は、保守派の文芸批評家として活躍した福田恆存(つねあり)からの影響によるものだろう。

 福田は一九四七年に「一匹と九十九匹と」という文章を書いた。福田曰(いわ)く「政治と文学とは本来相反する方向にむかふべきものであり、たがひにその混同を排しなければならない」。政治は多様な人間が共存していくための利害調整であり、より多くの人が幸福を追求できる環境を整えようとする。しかし、いくら良い政治が行われていても、それでは救われない「失(う)せたる一匹」が存在する。健康の心配もなく、経済的余裕も手に入れたが、それでも生の苦悩から解放されないという人は存在する。いくら環境や条件が整っていても、存在自体の悲しみからは自由になれない。

 そんな根源的な苦悩に苛(さいな)まれた「一匹」に対して、政治は無力である。いや無力でなければならない。政治が「一匹」の苦悩を救済しようとすると、人間の心の領域を支配することになる。それは全体主義を生みだしてしまう。政治は自らの限界に自覚的でなければならない。絶望の淵をさまよう「一匹」を救うことができるのは文学である。「文学者たるものはおのれ自身のうちにこの一匹の失意と疑惑と苦痛と迷ひとを体感してゐなければならない」

 小川は、このような福田の議論の上に立って、「政治は『生きづらさ』という主観を救えない」と主張しているのだろう。福田の政治論・文学論は重要であるが、それをLGBT問題全般に援用する小川の論法は、明らかな飛躍を含んでいる。

 LGBT問題は個人の主観の問題と言い切れるのか。文学だけが担うべき領域なのか。

 断じて違う。LGBT問題に取り組む人たちの多くは、政治的課題としての法制度の整備を要求しているのだ。政治に対して「生きづらさ」そのものの救済を求めているのではない。「人生の前提となる『条件』」の整備を求めているのである。

 「性的指向および性自認等により困難を抱えている当事者等に対する法整備のための全国連合会」は二〇一五年に「LGBTの困難の事例リスト第2版」を発表している。そこで示された困難の多くは、行政機関や事業者がLGBTのことを理解し、差別なく適切に対応することで解消されると考えられる。当事者が求める「LGBT差別禁止の法制度」は、日本国憲法で保障されている国民の幸福追求権を要求しているのだ。

 LGBT問題を政治から切り離し、文学の問題へと還元することこそが、恣意(しい)的な政治である。小川の文章は、差別表現だけが問題なのではなく、その主題においても間違えていると指摘しなければならない。

 (なかじま・たけし=東京工業大教授)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索