トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

信濃川島駅に鉄道ファンを 愛知出身の角谷さん活性化に奮闘

信濃川島駅をきれいにして人を呼び込みたいと意気込む角谷さん=辰野町の同駅で

写真

 辰野−塩尻駅のJR中央東線(通称・辰野線)の活性化に向け、辰野町地域おこし協力隊の角谷達則さん(21)=日本福祉大2年=が奮闘している。3月に任期を終えるが、「今後も町に関わり続けたい」と、夏に再び町を訪れて小学生と駅の柵のペンキ塗りをする計画だ。 

 愛知県東海市出身。大学1〜2年の時に授業で辰野町に通い、川島小の運動会や横川峡紅葉祭りなどでボランティア活動をした。大学2年の時にホタル祭りの手伝いをしていて観光客の多さに驚いた。「なんでこんなにたくさんの人を呼べるのに人口が減少するんだろう」と不思議に思い、町に深く関わりたいと地域おこし協力隊に応募した。

 町では趣味を生かして鉄道関係の事業を企画した。町内でも人口減が進む川島地区の信濃川島駅に着目し、地元の小学生たちを招いて駅ホームのさびてぼろぼろになった柵のペンキ塗りをするイベントを計3回実施。辰野線のPR動画の制作にも携わり、動画共有サイト「ユーチューブ」で魅力を広くアピールした。

 信濃川島駅の柵はまだ全体の4分の1ほどしかペンキ塗りが終わっていない。4月に大学に復学するが、「中途半端なままだと、自分がまたこの駅に来たときに申し訳なく思う」と話し、今夏に再び作業をして完成を目指す。「きれいになった駅に鉄道ファンを呼び込みたい」と意欲的だ。

(板倉陽佑)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索