トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

VRでトロッコ機関士気分 熊野市紀和鉱山資料館で9、10日催し

イベントへの来場を呼び掛ける堀さん=熊野市紀和鉱山資料館で

写真

 熊野市紀和鉱山資料館で9、10の両日、鉄道模型に親しむイベント「走れトロッコ!鉄道模型でVR」が開かれる。両日とも午前9時〜午後5時。

 最大規格の模型Gゲージと仮想現実(VR)を組み合わせた企画が目玉。来場者がゴーグルとヘッドホンを身につけると、走行する模型の先端に取り付けられたカメラの映像が機関車の音とともに流れ、運転しているような疑似体験ができる。鉱石の積み降ろしや運搬の体験ができる鉱山機関車の模型も用意する。いずれも1回200円。

 このほか、巨大なジオラマの中で鉄道模型を走らせるコーナーを設け、鉄道玩具も展示する。企画担当の堀誠さん(42)は「平成最後のイベントとして内容が充実している。迫力があるので、楽しんでもらえるはず」と来場を呼び掛ける=写真。

 入館料は大人300円、小中学生100円。(問)市紀和鉱山資料館=0597(97)1000

 

(木造康博)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索