トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

イラストふんだん「名鉄車輌図鑑」発行 鉄道愛好家と日本車両デザイン担当者

名鉄車輌図鑑の解説部分を担当した山田さん=瀬戸市泉町で

写真

 名古屋市守山区の鉄道愛好家山田司さん(61)と、日本車両製造(名古屋市熱田区)で車両デザインに携わった近藤克実さん(67)=豊川市=が、名古屋鉄道の車両をイラストや文章で解説した「名鉄車輌図鑑」を発行した。解説を担当した山田さんは「鉄道ファンでなくても車両の細かな違いがわかり、日常の足を知るきっかけになる」と話す。  

 山田さんは物心ついたときからの鉄道ファン。沿線だった名鉄瀬戸線を中心に中学2年から写真を撮るようになった。その中でさまざまな鉄道愛好家の知人ができ、近藤さんとも知り合ったという。

 近藤さんが車両のイラストを描きためていたのを知っていた山田さんが、出版社に企画を持ち込んだ。「名鉄は私鉄としては車種が豊富で、地元だけでなくても好きな人が多い。おらが鉄道の意識が強いと思う」と山田さん。

 近藤さんがデザインを担当していないものも含めて1970年代から現代までの主立った車両を型式ごとに掲載。イラストは車両の正面と横からの外観に寸法が入り、車両下部の床下機器なども詳細に描かれていることから、模型を作りたい人にも役立つという。

 また、山田さんが鉄道愛好家として、車両のデザイン変更などの疑問を近藤さんにインタビューした記事も掲載。車両デザインの担当者だからこそ語れる秘話を聞き出しており、楽しめる内容となっている。

 山田さんは「本を読んだ人から『子どものころに乗った車両が載っていた』と懐かしむ声が届いている。いつも使う電車や、かつて使っていた電車のことを少しでも知ってもらえれば」と笑顔を見せる。

 税別2800円。(問)ネコ・パブリッシング=04(2944)4071

(吉本章紀)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索