トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

0系新幹線の歴史紹介 名古屋のリニア・鉄道館

実際に座れる0系新幹線の座席=名古屋市のリニア・鉄道館で

写真

風洞実験に使った木製模型=名古屋市のリニア・鉄道館で

写真

初めて公開された開業時のダイヤ=名古屋市のリニア・鉄道館で

写真

 企画展「東海道新幹線の誕生〜0系新幹線の開発から改良まで」が、名古屋市港区のリニア・鉄道館で開かれている。前回の東京五輪が開かれた1964(昭和39)年に「団子っ鼻」の先頭車両で知られる0系で新幹線が開業した経緯を、国鉄時代からの豊富な資料や写真でたどる。9月24日まで。

 「新幹線」の名称が最も早く使われたとみられる戦前の「弾丸列車」構想時代の冊子「新幹線総括表」(39年)や、開業前の風洞実験に使った木製模型、運転台のアナログの速度計など約100点を展示。開業した64年10月のダイヤが書かれた紙を初めて公開した。開業当時と、後に改装された際の0系車両の座席には、実際に座れる。

 天野満宏館長(60)は「先人の英知と努力が、世界の高速鉄道の先駆けになった0系をつくり上げた。改めてじっくり歴史に触れて」と話す。今後も共通の「東海道新幹線の誕生」シリーズで、後継車として活躍した100系、300系などの企画展を順次展開していく計画という。

 火曜休館。入館料は大人1000円、小学生以上500円、3歳以上200円。 

(中野祐紀)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索