トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

越前市の5幼稚園児の絵画展示 福鉄が「ギャラリー列車」

福井鉄道の電車内に展示された電車をテーマにした園児たちの絵=越前市の福井鉄道越前武生駅で

写真

 越前市内5つの公立幼稚園の園児による絵を福井鉄道の電車内に展示する「ギャラリー列車でGo!」が19日、始まった。8月7日まで。

 市公立幼稚園後援会連合会が、子どもたちに地元の電車に興味を持ち、大切さを感じるきっかけにしようと毎年開いている。今回は、電車をテーマに146人が1点ずつ描いた作品を展示。1編成の車両内で定期的に作品を入れ替えながらすべてを紹介する。

 この日は、武生西幼稚園児が描いた30点ほどの作品を窓の上に展示。家族旅行の思い出や遠足などで見た風景をクレヨンで描き上げ、乗客の目を楽しませていた。

 同連合会長の川口友祐さん(33)は「幼稚園ではこんな活動もしていることを知ってほしいし、(園児より)小さい子どもには大きくなると絵が上手になることを感じてほしい」と話した。 

(山内道朗)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索