トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

JR越美北線の「8620」や「雷鳥」など61点 福井で南さん鉄道写真出品

写真を見つめる南さん=福井市の県立こども歴史文化館で

写真

 越前市出身の鉄道写真家、南正時さん(71)=東京都在住=の写真展が、福井市城東1の県立こども歴史文化館で開かれている。蒸気機関車(SL)や新幹線の写真など、昭和時代から現在までの写真を並べ、鉄道の移り変わりを感じることができる。9月9日まで。

 南さんが昭和30年代から撮りためた61点を出品。1階に新幹線の24点、3階に県内に関係する37点を展示している。新幹線は富士山とともに写る東海道新幹線「700系」や茶畑の中を走る「0系」のほか、北陸新幹線や九州新幹線もある。

 県内関係では、煙を上げて雪の中のJR越美北線を走るSL「8620形」やJR北陸線の特急「雷鳥」など、現在は引退している車両の写真が並び、「当時を知る人に見てもらって懐かしんでほしい」と南さん。昨年撮影した新緑の中を進む越美北線の車両なども展示している。

 期間中の8月14日午後2時から南さんによるトークショーがあるほか、翌15日午後2時から南さんが来場者に作品の解説をする予定。 

(中場賢一)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索