トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

今年も運行開始ラベンダートレイン 伊賀鉄道

リボンが施された列車内で「ラベンダーきっぷ」を手にする担当者=伊賀市上野丸之内で

写真

 伊賀鉄道の車内をラベンダーの香りやリボンで包む「アロマ&フラワートレイン」が、今年も運行を始めた。伊賀市霧生の観光施設「メナード青山リゾート」でラベンダーが6月下旬にかけて見頃を迎えるのに合わせた企画。関係者は「列車に乗ってラベンダーを見にきて」と呼び掛ける。運行はハーブガーデンで開かれているフェスタの最終日の7月16日まで。

 トレインは、青と緑の2両編成の忍者列車のうち、いずれも伊賀上野駅寄りの1両。県産の木材を使ったつり革などにラベンダーの香りを吹きかけた薄紫のリボンを結び、香り袋もつるした。中づり広告の場所にはラベンダーの写真を挟んだ。

 合わせて香り付きの「ラベンダーきっぷ」も販売する。360円区間で乗車券として使用でき、ハーブガーデンの大人入場料が半額の500円になる。きっぷは2種類で、満開のラベンダーが咲くガーデンの風景と忍者列車の写真がつくポストカードサイズ。伊賀神戸駅と上野市駅でそれぞれ200枚限定で販売する。

 トレインの運行時刻は毎日変わるため、前日の午後5時以降に上野市駅=0595(21)3231=へ確認が必要。

 フェスタでは、7月の土日を中心に刈り取り体験やガーデンコンサート、特製デザートを楽しめる。(問)メナード青山リゾート=0595(54)1003

(飯盛結衣)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索