トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

今年は「南国の海」テーマ 豊鉄が12日からビール電車運行

今年もお目見えした豊橋鉄道市内線の納涼ビール電車=豊橋市内で

写真

カラフルに飾り付けられた納涼ビール電車内で、ビールで乾杯する乗客=豊橋市内で

写真

 豊橋鉄道市内線でおなじみの夏の風物詩「ビール電車」が12日に始まる。7日には試乗会があり、豊鉄関係者ら14人が往復9.4キロの「走るビアホール」を体験した。 

 飲み放題の生ビールを楽しみながら、豊橋駅前から街中を約1時間20分かけて往復する名物企画。今年は「南国の海」をテーマに、車内を鮮やかな青で涼しげに飾り付けている。

 7日は、梅雨入りしたばかりの蒸し暑い陽気。参加者は暮れなずむ街を背に、注ぎたてのビールをグイッと飲み干した。

 試乗した豊川市美園の会社員富田敦子さん(46)は「楽しくて仕方がない。電車が揺れているのか酔っぱらっているのか分からなくなってきた」と夢心地だった。

 ビール電車は9月24日まで。8月以降の予約は、7月4日午前9時から受け付ける。1人3300円、団体貸し切り8万8000円(税込み)。(問)予約専用ダイヤル=0532(53)2135

(高橋雪花)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索