トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

昔懐かしい切手や切符を復刻 近江鉄道が開業120周年で販売へ

8日から市内の郵便局で販売される開業120周年記念切手=彦根市で

写真

近江鉄道が復刻した開業当時の切符=彦根市で(近江鉄道提供)

写真

 開業120周年を迎えた近江鉄道は、10日に彦根駅で開く「ガチャコンまつり」で、古い鉄道の写真などをあしらった記念の切手と切符を販売する。切手は、8日から彦根市内の郵便局で先行販売。15日からは日本郵便のウェブサイトでも購入できる。

 切手は、82円切手10枚が1セットで、1300円(税込み)。デザインは、同社が保管する写真から懐かしさを感じるものを厳選し、昭和30年代の鉄道を中心に、旧八日市駅舎や旧愛知川駅舎など、現在では見ることのできない駅舎も使った。

 切符のデザインは開業当時の1898(明治31)年の乗車券を復刻。1等から3等まで客室のランクによって色が違っていた当時の切符をデザインに採り入れた。大人、子ども用の乗車区間が異なる片道切符の5枚つづり。まつりの日限定で使え、500部限定で1セット1000円(同)。

 担当者は「近江鉄道が歩んだ歴史に皆さんが懐かしさを感じてくれれば」と話している。(問)近江鉄道鉄道営業課=0749(22)3303 

(大橋貴史)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索