トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

「世界最新のSL」出発進行 羅須地人鉄道協の7号機

笑顔の親子連れを乗せて走る羅須地人鉄道協会の蒸気機関車「7号機」=26日、千葉県成田市の成田ゆめ牧場で

写真

 鉄道愛好家団体「羅須地人(らすちじん)鉄道協会」が造った小型の蒸気機関車(SL)が、千葉県成田市の観光牧場「成田ゆめ牧場」で運転を始めた。27日まで。SLの新造は珍しく、同協会は「世界最新のSL」としている。

 新型SL「7号機」は全長2・6メートル。軽便鉄道という規格で、線路幅はJR在来線の半分程度だ。120年前に現在の上信電鉄(群馬県)で使われていたSLがモチーフ。

 石炭ではなく灯油を燃料に使うが、蒸気の力で動く本物のSLだ。「石炭は維持管理が大変。灯油ならスイッチ1つで済む」と代表幹事の角田幸弘さん(62)。使いやすさを高めることで「遊園地などで本物のSLがもっと見れるようにしたい」と意気込む。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索