トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

小浜線を運行の「キハ28」登場 敦賀赤レンガ倉庫横に

クレーンでつり上げられるキハ28形=敦賀市金ケ崎町の敦賀赤レンガ倉庫で

写真

 かつて小浜線を運行していた気動車「キハ28形」が19日、敦賀市金ケ崎町の敦賀赤レンガ倉庫横に設置され、朱色とクリーム色の懐かしい車両を出迎えようと、鉄道ファンらが詰め掛けた。

 同車両は1968(昭和43)年の製造。小浜のほか福知山など北近畿地区を中心に活躍し、2000年に廃車に。和歌山県のテーマパークを経て、鉄道車両などの輸送会社「アチハ」(大阪市)本社で保管されていた。昨年12月、市の鉄道イベント「つるが鉄道フェスティバル」で同社の協賛で車両を展示したところ好評だったため、観光の目玉にと格安で譲ってもらった。

 保存状態は良好で、電気系統の修理をすれば、自走できるという。市は今後、内部の公開も含めてさらなる活用策を検討している。

 長さ約21メートル、約38トンの車両は、2基のクレーンでつり上げられ、倉庫北側に敷設された線路に設置された。倉庫内にある鉄道ジオラマを見に来た大津市の奥長功基君(4つ)は「大きい」と興奮気味だった。 

(山谷柾裕)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索