トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

「三国祭」山車人形HM登場 えち鉄

三国祭をPRするヘッドマークを付け、新緑の市街地を駆け抜ける車両=坂井市三国町北本町2丁目で

写真

 坂井市三国町の「三国祭」(19〜21日)を前に、えちぜん鉄道(福井市、豊北景一社長)は車両のヘッドマークを山車人形を描いたデザインに切り替え、祭りシーズンの到来をアピールしている。

 三国祭保存振興会が提供したデータを基に、2016年の同会「遮那王と武蔵坊」と、15年の大門区「織田信長」の2点を制作。直径55センチのヘッドマークには、迫力のある表情で信長らが描かれており、祭りが終わるまでにらみを利かせる。

 三国祭仕様のヘッドマークは5年目で、福井鉄道との相互乗り入れ区間26・9キロを除き、三国芦原線と勝山永平寺線の電車に取り付けられている。今年は土曜に祭りが開幕し、呼び物の山車が市街地を錬る中日が日曜に当たるとあって、道路渋滞も予想される。えち鉄の担当者は「鉄道を利用し、三国祭を楽しんで」と話している。 

(北原愛)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索