トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

鉄道模型やグッズ販売…イベント満載 JR岐阜駅前で「博物館」

鉄道模型を食い入るように見つめる子どもたち=JR岐阜駅前の岐阜シティ・タワー43で

写真

 岐阜を走る鉄道に親しむ、大型連休の恒例イベント「ぎふ鉄道博物館」が3日、JR岐阜駅前の岐阜シティ・タワー43で始まり、電車好きの親子でにぎわった。6日まで。

 名古屋鉄道の制服を身につけての記念撮影会や、鉄道模型の展示、グッズ販売など、親子で楽しめるイベントがめじろ押し。特に鶯谷中学・高校地歴サークルが、岐阜をイメージして制作した金華山や合掌造りが並ぶジオラマが人気を集めた。子どもたちがジオラマの中を走る模型電車を食い入るように見つめていた。

 愛知県一宮市から家族と一緒に訪れた水口尊君(3つ)は「電車がいっぱい走ってて楽しい」と笑顔だった。

 タワーの運営会社が企画し、12回目。鉄道模型の展示のほか、日替わりで多彩なイベントが開かれ、4日は、樽見鉄道や養老鉄道などの県内ローカル鉄道のオリジナルグッズ販売がある。6日は県産ヒノキを材料にした電車のおもちゃ作りもある。           

(高橋貴仁)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索