トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

全国の鉄道ファンが車両運転体験 養老鉄道「D12」

D12の運転体験を楽しむ子ども=大垣市木戸町の大垣車庫で

写真

 養老鉄道車両「D12」の運転体験会が28日、西大垣駅に隣接する大垣市木戸町の大垣車庫であり、東京や大阪、岡山などから訪れた全国の鉄道ファン16人が参加した。

 D12は1966(昭和41)年に近鉄名古屋線で運行を始め、93年から養老鉄道で活躍。こうした鉄道に興味を持ってもらおうと、年3回ほど体験会を実施。28、29日の今回は応募45組の中から32組が抽選で選ばれた。

 現役の運転士の指導を受けながら、参加者はアクセルやブレーキを巧みに操り、100メートルのレール上を走らせた。滋賀県守山市吉身小学校4年の小西創大君(9つ)は「ブレーキをかけるのが難しかった」と話していた。

 電車の車内放送や扉の開閉など車掌体験もあった。次回は8月下旬の予定。(問)養老鉄道総務企画課=0584(78)3400

(広田和也)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索