トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

塗り絵列車やグッズ…GWイベント あすなろう鉄道

新グッズの手ぬぐいと巾着。後方の「あすなろうの木」へのメッセージも募っている=四日市市のあすなろう四日市駅で

写真

抽選でプレゼントする萬古焼のラーメン丼

写真

 四日市あすなろう鉄道のゴールデンウイークイベントが28日、始まった。塗り絵列車の運行や新グッズの販売、沿線のラーメン店とタイアップしたスタンプラリーなどが楽しめる。 

 あすなろう四日市駅では1日まで、塗り絵コーナーを設けている。お題は列車のほか、こどもの日にちなんだこいのぼり、かぶとの3種。用紙の持ち帰りにも応じる。

 先着100枚を受け付け、5月31日まで列車内の広告スペースに飾る。初めての企画で「子どもさんだけでなく、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんも一緒に笑って喜んでもらえる列車になれば」と担当者。夢や目標などを書いて貼り付けてもらうメッセージボード「あすなろうの木」も設けた。

 四日市、内部の両駅では、新グッズの手ぬぐい(500円)と巾着(600円)を発売した。

 いずれも最新型の車両と昨年引退した旧型をあしらった。手ぬぐいは、ナローゲージ(特殊狭軌)の762ミリが分かるデザインにもなっている。

 沿線のラーメン店6店舗が協力する「ラーメンラリー」もスタート。1日フリーきっぷ(大人550円)を購入し、3店舗のスタンプを集めて応募すると、萬古(ばんこ)焼の特製ラーメン丼が当たる。

 担当者は「ホームページで沿線マップを編集した際、ラーメン店の充実ぶりに気付いた。ぜひ食べ歩いていただきたい」。きっぷを見せると各店舗でトッピングや麺の増量サービスなどが受けられる。応募締め切りは7月31日。

(遠藤康訓)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索