トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

昭和40〜50年代など駅弁掛け紙90点 草津で展示

全国各地の駅弁の掛け紙が並ぶ会場=草津市草津の草津宿街道交流館で

写真

 草津市草津の草津宿街道交流館で、昭和40〜50年代を中心とする駅弁の掛け紙約90点を展示している。5月13日まで。

 市内の収集家の男性が寄贈した。北海道・森駅の「いかめし」や広島駅の「しゃもじかきめし」など今も販売中の駅弁や、既に販売停止となった駅弁、1964年の東京五輪開催を記念した東京・八王子駅の駅弁などの掛け紙がある。

 各地の駅弁を落とし込んだ日本地図もあり、鉄道旅行気分が味わえる。入館料は大人200円、高校・大学生150円、小中学生100円。(問)交流館=077(567)0030 

(鈴木啓紀)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索