トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

「SLやまぐち号」が今年初の運行 JR山口線

長門峡駅近くの鉄橋を走るSLやまぐち号と集まった大勢の鉄道ファン=24日、山口市で

写真

 JR山口線の観光列車「SLやまぐち号」が24日、今年初めて運行した。新山口駅(山口市)を出発し、愛称「デゴイチ」の蒸気機関車D51形が黒煙を吐き出しながら客車を力強くけん引し、観光客やファンから歓声が上がった。

 長門峡駅(同市)近くの鉄橋周辺にはカメラを手にファンら数十人が集まり、汽笛を鳴らしながら走る姿に向け一斉にシャッターを切った。やまぐち号は3〜12月の週末を中心に、新山口−津和野(島根県津和野町)間を1日1往復する。

 夫と小学1年の孫の3人で乗った西村勝子さん(75)は「昔、自宅近くを走っていたSLを思い出す。孫も乗りたがっていたけど、実は夫と私が乗りたかったの」。デゴイチは青春の思い出も運んだ。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索