トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

伊賀鉄道四十九駅が待望の開業 伊賀往来が便利に

駅名が書かれた新たな看板

写真

開業した四十九駅=いずれも伊賀市四十九町で

写真

 伊賀鉄道伊賀線で「四十九(しじゅく)駅」が17日開業した。JR西日本草津線「柘植駅」では同日、改札でICカードが使用できるようになり、記念式典が開かれた。新年度を前に、住民らは伊賀市の交通利便性向上や観光誘客に期待をふくらませた。 

 真新しい四十九駅には朝早くから多くの住民が「記念乗車」に訪れた。近くのスーパーで買い物を終えた主婦谷俊子さん(79)=緑ケ丘南町=は「昔同じ名前の駅があったと聞いて来た。家から自転車でも来られるけど、雨が降ったときには便利になる」と喜んだ。

 孫2人と乗車した60代の女性は「1本乗り逃してしまった」と待合スペースで20分ほど待機した。「ここから新しい市役所まで少し距離がある」と駅前の交通機関整備を求めた。

 写真愛好家や親子連れが新たな駅に停車する電車と記念撮影する姿もあった。

 電車はおおよそ1時間に2本。伊賀鉄道では、観光や買い物客のため、自転車を持ち込んで乗車できる「サイクルトレイン」を実施している。平日午前9時から午後4時、休日終日で新居−比土の区間。

(飯盛結衣)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索