トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

終着、スーパーあずさE351系 定期運行25年

E351系で運行のスーパーあずさ32号を見ようと集まった大勢の鉄道ファンら=JR松本駅で

写真

スーパーあずさ用車両の「E351系」の見送りに訪れた車内販売の関係者ら=JR松本駅で

写真

 JR中央本線の松本と新宿などを結ぶ特急スーパーあずさ用の車両「E351系」が16日に定期運行を終え、発着駅の松本駅ホームにはファンら100人以上が駆けつけて別れを惜しんだ。

 17日のダイヤ改正による。E351系は1993年に運行開始し、昨年新型の「E353系」が導入されてからは12両3編成になった。来月7日のラストラン(応募終了)の後、廃車となる。

 この日は午後6時ごろ、親子連れや鉄道ファンが続々とホームに集まり、最後の松本駅発となったE351系の隣で記念撮影をした。

 汽笛がなり、E351系が発車すると、「ありがとう」「バイバイ」などと声をかけ、手を振って見送った。

 休みで子どもたちと訪れたJR運転士小林哲弥さん(44)は20年以上E351系を運転してきた。「とても操作しやすく、運転していて楽しい車両だった。お疲れさまと声をかけてやりたい」と話した。 

(松本貴明)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索