トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

新型N700S「最高」の快適性 JR東海の新型新幹線

公開された東海道新幹線「N700S」=10日午前、浜松市のJR東海浜松工場で

写真

「N700S」のグリーン席=10日午前、浜松市のJR東海浜松工場で

写真

 JR東海は10日、東海道新幹線の新型「N700S」の完成した試験用車両を、同社浜松工場(浜松市)で報道陣に公開した。「S」は英語で「最高」を意味する「Supreme(スプリーム)」にちなむ。20日以降に走行試験を始め、2020年度に営業車両が登場する。

 16両編成でゆっくり走る姿や車内設備を披露。リクライニング時にお尻が沈み込むように座面が傾くなど快適さが増した座席や、文字を一回り大きくして色彩が鮮明な液晶を導入した情報表示画面も公開した。

 N700Sは新型の半導体などを導入し、パンタグラフや駆動システムなどの軽量化、小型化に成功。JR東海によると、1編成(16両)の重さは、現在の最新型のN700Aより15トン軽い約700トン弱で、時速200キロ以上で走る高速鉄道としては世界最軽量。

 車両の形は、先頭部分の左右を少し盛り上げ「怒り肩」に。騒音や空気抵抗を減らした。電力消費はN700Aより7%少ない。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索