トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

歴史遺産!?「さかえまち」の駅名板出現 地下鉄栄駅

ホームの表示板付け替え作業中に出現した旧駅名「さかえまち」の文字=名古屋市中区の市営地下鉄名城線栄駅で(岡本沙樹撮影)

写真

 名古屋市営地下鉄の駅で駅名や路線図、出入り口の方向などの表示板が新しいデザインに変わる。初めて乗る人や増えつつある外国人旅行者にも一目で分かるようにするためだ。昨年末から順次付け替え作業が始まったが、中区の栄駅では思わぬ「歴史遺産」も見つかった。 

 通勤通学客が行き交う栄駅の名城線ホーム。市役所駅寄りの端に立ち止まった女性会社員が首をかしげた。「栄に『町』は付かないですよね…」。柱に埋め込まれた駅名板に、時代を感じさせる書体で「さかえまち」とあったからだ。

 1957(昭和32)年の東山線開業時は「栄町」駅だったのを、66年に「栄」駅に改称した。表示板の付け替え作業で古いものをはがしたところ、下から半世紀前の名残が現れたというわけだ。「残っていることを忘れていました」と市交通局経営企画課の伊藤洋一さん(43)。「歴史を感じてうれしくなりましたが、混乱を生んではいけないので」と、3月5日ごろには新しい表示板で覆ってしまうという。

(中野祐紀)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索