トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

伊賀線四十九駅が3月17日に開業 記念入場券も発売

3月17日に開業予定の伊賀鉄道伊賀線の四十九駅=伊賀市四十九町で

写真
写真

 伊賀鉄道伊賀線の「四十九(しじゅく)駅」(伊賀市四十九町)が3月17日に開業する。併せてダイヤ変更し、伊賀上野駅−伊賀神戸駅間(16・6キロ)の直通列車を約1・5倍に増やし、利便性向上を図った。待ち合わせ時間調整で主要駅間の所要時間はほとんど変わらない。17日は始発に合わせて四十九駅で出発式がある。開業記念入場券も発売する予定。 

 市や伊賀鉄道によると、四十九駅は桑町駅−猪田道駅間(桑町から0・7キロ、猪田道から1・5キロ)に位置する。屋根付きホーム(長さ47メートル)で、ベンチの待合スペースが2カ所ある。バリアフリー対応のスロープも付く。街灯には手裏剣のデザインを施した。普通運賃は伊賀上野駅までが300円、伊賀神戸駅までが360円。

 新駅はイオンタウン伊賀上野の裏に隣接し、来年1月に移転する市新庁舎まで徒歩7分(直線距離は約500メートル)。周辺に伊賀署や上野総合市民病院もある。1日の乗降客は412人を見込む(新庁舎完成後)。これは全15駅のうち4番目。

 直通列車は平日下り15本(現行9本)、上り14本(同10本)。土休日は下り14本(現行11本)、上り13本(同10本)にそれぞれ増える。それ以外は市街地の上野市駅での乗り継ぎが必要。

 近鉄やJR西日本との接続駅の待ち時間を考慮し、同様に3月に変更される両社のダイヤ改正に合わせて伊賀線も始発、最終列車含めて時刻調整した。

 上野市駅−伊賀神戸駅(最速25分)などの所要時間は行き違い駅での時間調整で、変わらないという。

 運転本数は、伊賀上野駅−上野市駅間が平日23往復、土休日22往復、上野市駅−伊賀神戸駅間が平日35往復、土休日34往復。いずれも現行と変更なし。

 伊賀線は2017年4月から鉄道施設と車両を市が所有し、第三セクターの伊賀鉄道が運行する「公有民営方式」に移行している。四十九駅は、地元の要望を受けて市地域公共交通活性化再生協議会(市などでつくる)が総事業費2億4600万円で整備した。かつて同名の駅は別の場所にあったが1969年に廃止になった。

(沢田一朗)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索