トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

HMに沿線4市の花あしらい 愛環30周年で記念列車運行

大勢の見物客に迎えられた開業30周年を祝う記念列車=豊田市小坂本町の新豊田駅で

写真

 愛知環状鉄道(愛環)の開業30周年を祝う記念列車が3日、北野桝塚駅−瀬戸口駅間を運行した。途中駅の新豊田駅(豊田市小坂本町)で出発式があり、大勢の鉄道ファンらが節目を祝った。

 記念列車は2両編成。ヘッドマークには、数字の「30」を線路に見立てて走る電車と岡崎、豊田、瀬戸、春日井の沿線4市の花の絵があしらわれた。公募で選ばれた80人を乗せて出発した列車が、新豊田駅のホームに入ると、詰め掛けた見物客がカメラを向けながら迎えた。

 式では、愛環の長崎栄一社長があいさつ。来年春に予定しているIC乗車券の導入に触れ「今後も安全・安定輸送を第一に、一層の利便性の向上を図る」と気を引き締めた。

 式に合わせ、新豊田駅近くの豊田産業文化センターでは記念イベントがあった。電車の動かし方など鉄道に関する疑問に科学の実験で答えるショーや、愛環にまつわるクイズ大会などがあり、親子連れでにぎわった。

 愛環は、1988年1月31日、岡崎駅−高蔵寺駅間で開業した。 

(岸友里)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索