トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

「あずさ」や上田電鉄の旧型車両見学ツアー アルピコ交通

黄色の除雪車(中)などが並ぶアルピコ交通上高地線の新村車庫=松本市の新村駅で

写真

 アルピコ交通(松本市)は10日と3月10日、同社上高地線の新村車庫や、JR東日本の特急「あずさ」の旧型車両、上田電鉄(上田市)別所線の旧型車両を見学するバスツアーを開く。

 午前中は松本駅から上高地線で新村駅まで行き、同駅に隣接する新村車庫で5種類以上の車両の写真撮影などをする。

 昼食をとる上田市小牧の民宿「夢ハウスあずさ号」には、JR東日本が特急「あずさ」として1990年代まで運行した「クハ183系1002」の先頭車両があり、車内放送やドア開閉などの車掌体験ができる。

 その後は、上田電鉄別所線の上田駅から別所温泉駅まで移動。近くで保存されている同線の元普通列車で、戸袋部の車窓の形から「丸窓電車」と呼ばれた「モハ5252」の車内を見学する。

 料金は中学生以上5480円、小学生以下3980円(いずれも税込み)。最少20人の参加で開催。申し込みは2月分は2日まで、3月分は同月1日まで。

 (問)アルピコツアーセンター=0263(24)1180

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索