トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

11蔵元を堪能「地酒電車」運行 26日から近江鉄道

近江の地酒電車のPRチラシ

写真

 近江鉄道(彦根市)は26日から、冬季恒例の「近江の地酒電車」を毎週木〜土曜に運行する。2月17日までは純米酒を提供する純米酒電車、同22日〜3月10日は初めての大吟醸プレミアム電車を企画。「おいしい地酒を飲み比べてみては」とPRする。

 提供するのは県内11の蔵元。純米酒電車は、全ての純米酒とソフトドリンク飲み放題、おでんや小料理、鉄道1日フリー乗車券が付いて3900円。大吟醸プレミアム電車は、飲み放題の地酒が全て大吟醸にランクアップし5500円。

 運行は、彦根駅をそれぞれ午後3時57分、7時3分に出発して八日市駅で折り返すコースと、近江八幡駅をそれぞれ午後4時3分、6時47分に出発して尼子駅で折り返すコース。乗車時間はどちらも2時間ほどで、トイレ休憩で数カ所の駅に停車する。曜日により運行スケジュールが異なる。

 申し込みは、乗車日の5日前までに近江トラベル予約センター=0749(24)8103=へ。 

  (前嶋英則)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索