トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

C11の滑り止めの砂を合格祈願栞に 半田市鉄道資料館

保存会員(右)から合格祈願栞を受け取る受験生の家族ら=JR半田駅前の半田市鉄道資料館で

写真

C11265の滑り止めの砂をキャッチする人ら=JR半田駅前で

写真

 受験シーズン本番を前に、JR半田駅前の半田市鉄道資料館で6日、蒸気機関車(SL)で用いられた滑り止めの砂を入れた合格祈願栞(しおり)の無料配布が始まり、受験生やその親、親戚らが列をなした。7日も同館で午前10時から250枚が配られる。

 配布は、市C11265蒸気機関車保存会が、同汽車に積載されていた砂を使い、2013年から毎年実施している。

 初日は、午前10時前から100人以上が並び、国鉄時代の制服を着込んだ会員らから、砂を入れてラミネート加工されたカード大の栞を受け取っていた。

 同市住吉町、会社員足立まさ代さん(46)は「高校受験を控えためいっ子に今晩、サプライズプレゼントします」。今月末に中学を受験する武豊町天神前、武豊小6年山田彩乃さん(12)は両親と一緒。「受験にはこのカードを持って行きます」と笑顔。豊田市から訪れた会社員木村智(さとし)さん(52)は「長男の時に御利益があったので、今回は次男の大学受験に」と話していた。

 先着50人には、駅前に展示されている同汽車の動輪の下で、砂キャッチ体験のサービスも。人々は電動コンプレッサーを使って掃き出された砂をひしゃくで受け止めていた。 

(都築修)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索