トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

「キーボ」やラッセル車見学し車内で読み聞かせ えち鉄車両基地

電車の中で本を楽しむ子どもたち=福井市松本上町のえちぜん鉄道車両基地で

写真

 クリスマス飾りを施した電車内で、クリスマスにちなんだ本などを読み聞かせる催しが24日、福井市松本上町のえちぜん鉄道車両基地であった。小学1〜4年の児童と保護者計30人が参加し、電車と本の世界を満喫した。読書をするきっかけにしてもらおうと、同市桜木図書館が企画。参加者は新型低床車両「キーボ」や除雪用のラッセル車を見学した後、赤や緑色のモールで飾られた2両編成の車両へ。図書館職員が絵本「めがねうさぎのクリスマスったらクリスマス」を朗読すると、子どもたちは真剣に聴き入っていた。

 車両内のいすにはテーマごとに本が並べられ、子どもたちは気に入った本を選び、借りて帰った。電車の本など4冊を借りた同市河合小2年の高砂真誠君(8つ)は「いつもはあまり本を読まないけど、電車で読むと楽しかった」と話していた。 

(梶山佑)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索