トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

16日に解体前の公開 近江鉄道、昭和初期の「ED31形」など

解体が決まったED31形の3両=彦根市の近江鉄道彦根駅で(近江鉄道提供)

写真

 近江鉄道(彦根市)は、車庫内で保存している電気機関車10両の引き取り手を探している。機関車の国産化が始まった初期の姿を伝える貴重なコレクションだが、順次解体することとなったため。10両がそろう最後の機会として、16日に車庫を一部公開する。   

 同社の電気機関車はいずれも大正末期から昭和初期に製造された車両で、戦後から1988(昭和63)年まで貨物列車や工事用車両を引いて活躍した。貨物列車の廃止で引退した後は、彦根駅構内の車庫に保存してきたが、老朽化で維持は限界と判断し、解体されることになった。

 年内にも「ED31形」5両のうち3両の解体に取り掛かる。23年に芝浦製作所(現・東芝)などが製造した国産機の先駆的存在で、長野県の伊那電気鉄道(現・JR飯田線)で使用した後、西武鉄道を経て近江鉄道に移った。全長11・5メートル、重さは40トンで、凸型の外観がファンから人気だという。ED31形の残り2両と「ED14形」4両、「ロコ1101」の計7両も順次解体する見通し。

 担当者は「特に長く親しまれた思い出深い車両。どこかで余生を過ごさせてあげたい」と話し、希望者がいれば無償で譲る(輸送費は本人負担)。同社では個人に廃車を譲った例はないという。

 車庫の一部公開は16日午前10時から午後3時までで、彦根駅構内の「近江鉄道ミュージアム」も公開。貨車や、工事車両を機関車につないで往年の姿を再現する。機関室で汽笛やブレーキ弁を操作し、機関士気分を味わえる体験もあり、午前10時から先着80人に整理券を配る。(問)同社鉄道部=0749(22)3303

(野瀬井寛)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索