トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

「スーパーあずさ」横揺れ軽減、可動式枕も 12月23日から新型車両

特急「スーパーあずさ」に新しく導入されるE353系=JR松本駅で

写真

E353系の普通車。座席は枕の位置が動かせる

写真

 JR東日本長野支社は22日、松本と東京都内を結ぶ中央線の特急「スーパーあずさ」の新型車両E353系の車内を、報道陣に公開した。全座席に電源用コンセントと可動式枕を備えるなど、快適性や乗り心地を向上させたデザインになっている。新型車両は来月23日から運行を開始する。

 普通車の座席は水色をベースに白や青色の波模様で「南アルプスと梓川のきよらかさ」を表現。室内照明には発光ダイオード(LED)を用い全車両に空気清浄機も設置した。

 行き先や停車駅を示す車内の案内表示器にはフルカラーLEDを採用。文字も大きくなり、より見やすくなった。一部車両には、旅行用トランクなどが置ける荷物置き場を用意。客室とデッキそれぞれに防犯カメラを設置し安全性も高めた。

 また、カーブ走行時に遠心力を緩和する空気ばね式車体傾斜装置をJR東日本の在来線特急列車で初導入。横揺れを軽減する動揺防止制御装置を全車両に搭載し、より快適な乗り心地を目指した。

 同支社によると、スーパーあずさの新型車両導入は現行のE351系以来、24年ぶり。12両編成を3本使用し、1日に4往復する。最高速度はE351系と同じ約130キロで、走行時間の短縮やダイヤの変更はないという。

 同支社の伏田忠広・運輸部長は「最近は外国人のお客さまも増えている。これまで以上にレジャーとビジネスの両面で利用してもらえたら」と話している。

 (水田百合子)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索