トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

鉄ちゃん垂ぜんの車両部品 あすなろう鉄道が12日に販売会

初出品する扇風機。6台販売する=四日市市提供

写真

オークション品の「行き先表示器」=四日市市提供

写真

 四日市あすなろう鉄道の車両部品の販売会が12日、四日市市小古曽の内部駅近くの特設会場で開かれる。本年度に改造した2両と廃車となった3両の部品で、希少品はオークションにかけられる。 

 開催は午前10時〜午後3時で36種400点を販売する。うちオークション品は7種38点。車両正面上部に掲げる「行き先表示器」(最低価格3万円)や車両の重量や定員が載った「形式板」(2万円)、運転席の「運転台パネル」(3万円)、車番プレート(5000円)がある。

 入札は午前10〜11時。所定用紙に購入希望価格を書いて箱に入れる。正午〜午後1時に最高値を付けた落札者が発表される。

 オークション品以外では前照灯8個、1人掛けの座席6席、2〜3人掛けのシート4席、遮光板1枚がある。いずれも1つ3000円。1つ5000円の品では運賃箱3個、扇風機6台を用意。つり手(300円)やカーテン(500円)、荷物棚(2000円)もそろえた。

 販売会は昨年度に続く2回目で、車両をはじめ鉄道施設を保有する市が企画した。売上金は車両やレール更新に充てる。市公共交通推進室の担当者は「全国に3路線しかないナローゲージの車両の貴重な部品がそろう機会。意中の物を手に入れてほしい」と話す。

 雨天決行。会場周辺に駐車場はない。

(曽田晋太郎)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索