トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

一足先に映画「ローカル線〜」の制服 えち鉄アテンダント11日から刷新

4年ぶりに刷新される、えちぜん鉄道のアテンダントの冬用制服=福井市松本上町で

写真

 えちぜん鉄道(福井市)のアテンダントを題材にした映画が来秋公開に向けて制作されるのに合わせ、えち鉄は11日から、アテンダントの冬用制服を刷新する。映画の撮影には、この制服が使われる。同社の担当者は「地元の慣れ親しんだ制服が映画に出ることで、鉄道やアテンダントを身近に感じてもらえるのでは」と話す。 

 刷新は4年ぶり。当初は来年変更する予定だったが、映画の撮影に合わせて、1年前倒しした。えち鉄のイメージカラーの1つ、青色のジャケットに水色のスカーフ、黒色のタイトスカートと帽子を合わせた。今季は来年春ごろまで着用する。

 今年4月に入社したアテンダント、奥田恭加さん(22)は「今の制服よりも大人っぽい印象。お客さまに信頼してもらえるように成長していきたい」と意気込む。

 映画「ローカル線ガールズ〜私、故郷に帰ってきました〜」はタレントの横澤夏子さん主演で、14日にクランクインする予定。

 現在、えち鉄のアテンダントは20〜40代の女性11人で、勝山永平寺線と三国芦原線の電車に乗り込み、乗車券の販売や乗降補助などをしている。現在、女性2人を募集しており、営業開発部長の佐々木大二郎さん(41)は「映画で取り上げてもらうことで、アテンダントをやってみたいという人が増えてくれたら」と期待を寄せる。(問)えちぜん鉄道管理部=0776(52)8888

(鈴木啓太)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索