トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

路面電車に揺られ関東煮でグィツ 10日から豊橋鉄道

車内でおでんやビールを楽しむ参加者=7日夜、愛知県豊橋市で

写真

 路面電車内でおでんや飲み放題の生ビールを味わえる豊橋鉄道市内線(愛知県豊橋市)の「おでんしゃ」試乗会が7日あり、乗客が「走る屋台」を楽しんだ。一般運行は10日から2月25日まで。年末年始は運休。

 市内線の冬の名物企画。豊橋駅前を出発し、往復9・4キロを約1時間20分で走る。1日1〜2便で、個人は3900円、団体貸し切り(28人)は10万3000円。水曜昼の個人便を除き、年内の予約はほぼ埋まっているという。

 試乗した東京都中野区の会社員村井俊介さん(46)は「まちなかを走りながらのビールは新鮮」。全便でアニメ「クレヨンしんちゃん」の景品が当たる企画のじゃんけん大会もあり、年の瀬に向け「パー」っと楽しめる。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索