トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

雪が降る前に… 福井でラッセル車の点検

秋の気配が漂う市街地を走るラッセル車=福井市舟橋町で

写真

 立冬の7日、JR西日本金沢支社は福井市花堂東1の同社福井運転センターで、線路上の除雪作業をするラッセル車の点検作業をした。

 社員3人が、ラッセル車の前後に付いた線路上の雪を横に押しよけるウイングや車内設備など14カ所の動作を確認した。この日は、同市の福井南駅から金沢駅まで約80キロを試運転。高く澄んだ秋空の下、ススキの横を通り抜けていった。

 ラッセル車は、同センターに1両、敦賀運転センター(敦賀市)に3両配備されており、積雪が20センチ以上の予報が見込まれる時に出動する。昨年度は県内で計50回出動をした。

 福井地方気象台によると、今年の積雪量は平年並みの見込み。同社福井地域鉄道部の中田寿浩課長代理は「点検をしっかりし、冬を乗り越えるために万全を尽くしたい」と話した。

 (小川祥)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索