トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

手軽に新幹線廃品グッズゲットだ! JR東海がネット販売

JR東海が4万5000円で売り出す、行き先表示幕

写真

グリーン車の座席は8万円

写真

 新幹線の中古部品、いかがですか−。JR東海は11日、廃車などで不要になった鉄道部品を販売するインターネットサイト「JR東海鉄道倶楽部(くらぶ)」を12日に開設すると発表した。

 東海道新幹線の700系車両で実際に使われていた運転席のシート(8万円)やグリーン車の2人掛け座席(同)など、第1弾として24品目を5000円から売り出す。発光ダイオード(LED)照明への置き換えが進む「行き先表示幕」も出品する。

 JR東海では浜松工場の一般公開などの際に廃品を販売してきたが、ネット販売で全国の鉄道ファンが手に入れるチャンスが広がりそうだ。

 今後は廃車スケジュールに合わせ、商品を随時追加していく。柘植康英社長は「鉄道部品は人気があると聞く。廃品が長く愛されることは、資源の有効活用の観点からも喜ばしい」と話した。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索