トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

コスモス畑に潜むピンクの忍者 伊賀鉄道市部駅前

コスモス畑の脇をピンクの伊賀鉄道が走った=伊賀市市部で

写真

 伊賀市市部の伊賀鉄道伊賀線「市部駅」前のコスモス畑が満開になり、ピンクのじゅうたんが広がっている。10日も忍者列車と一緒に写真に収めようと、多くの愛好家や市民が訪れた。

 コスモスは、10年ほど前から車窓からの景観を良くしようと地元有志らが駅周辺の休耕田300平方メートルで育ててきた。毎年少しずつ場所を変え、今夏も子どもから高齢者まで約50人で種まき。市部区長の福井明(あきら)さん(67)は「史跡の垂園森(たれそのもり)と一緒に撮るのもおすすめ」と話す。

 1眼レフを手に訪れた大阪芸術大写真学科四年の仲井裕一さん(22)=大阪府富田林市=は「ローカル線が好きで、伊賀鉄道をテーマに卒業制作をつくっている。コスモスが映え、いい作品になりそう」と見入っていた。

 (飯盛結衣)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索