トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

戦時の空襲からSL守る避難壕 米原市文化財に

市文化財に指定された蒸気機関車避難壕=米原市岩脇で

写真

 米原市は26日、同市岩脇の蒸気機関車避難壕(ごう)を市文化財に指定したと発表した。戦争遺跡が指定文化財(史跡)となるのは、県内初という。

 施設は米原駅の機関車を空襲の被害から守るために掘られた。完成前に終戦を迎え、実際に使われることはなかった。

 市歴史文化財保護課の担当者は「詳しい資料は残っていないが、鉄道の町、米原を象徴し、後世に残すべき遺跡と判断した」と述べた。 

(大橋貴史)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索