トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

「招き猫発祥の地」にちなみラッピング電車 東急世田谷線

招き猫の形をしたつり革=25日、東京都世田谷区

写真

 東京急行電鉄は25日、世田谷線で招き猫のイラストをラッピングした電車の運行を始めた。車内のつり革も、持ち手に耳と手を付けて招き猫の形にし、床に猫の足跡を描くなど、猫ずくめになっている。来年3月末までの予定。

 沿線の名所で「招き猫発祥の地」とされる豪徳寺(東京都世田谷区)にちなんだ。彦根藩主井伊家の菩提寺(ぼだいじ)として知られ、2代藩主の井伊直孝が猫に手招きされて境内に入ったことで、雷を避けられたという言い伝えがある。

 豪徳寺の粕川徹哉(かすかわてっさい)副住職は「乗客や沿線の人たちに幸せを運んでくれる電車になってほしい」。乗客がつり革に手を掛ける姿まで、招き猫のように見えてくる?

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索