トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

10月1日に10周年記念イベント 養老鉄道

 養老鉄道は10月1日、開業10周年の記念イベントを開き、車両貸し切りの演奏会や記念切符の発売など多彩な催しで節目を祝う。総務企画課の村上慶晃課長は「この機会に普段は車を利用する方にも一度乗っていただき、良さを知ってもらいたい」と話す。

 養老鉄道は近鉄の子会社として2007年10月1日に発足。揖斐川町、池田町、神戸町、大垣市、養老町、海津市、三重県桑名市の延長57・5キロ、27駅の区間を運行する。

 10周年記念として23日から、大垣、西大垣、揖斐、養老駅などで、10月1日が乗り放題となる記念フリーきっぷ(500円)を発売する。きっぷは組み立てて電車をあしらったスマホ・ペンスタンドにもなる。

 演奏会では大垣南高校や県岐阜商業高校の生徒が楽器を演奏。1日からは運行車両に、昭和時代の近鉄を再現した系統板を設置するほか、西大垣駅では硬券切符の購入者に改札ハサミでの入錠サービスを始める。(問)養老鉄道=0584(78)3400

(吉本章紀)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索