トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

懐かしのSLや駅構内など鉄道写真27点 亀山の酒井さん出品

写真を見ながら当時の様子を説明する酒井さん=亀山市東御幸町の東海労働金庫亀山支店で

写真

 亀山市北山町の酒井香さん(65)の鉄道写真展が、亀山市東御幸町の東海労働金庫亀山支店で開かれている。10月3日まで。

 1970〜80年代に亀山市内で撮影したSLや特急列車、駅の構内などの写真27点が並ぶ。18歳から趣味で撮りためた写真から厳選した。

 伊勢神宮へ初詣に行くための団体臨時列車や、建て替える前の関駅にあった木造の待合室、亀山駅のシンボルとされていた、手荷物をつり上げて運ぶためにホームをまたいで設置されていた「テルハクレーン」をとらえた作品などが並ぶ。

 酒井さんは「鉄道ファンはもちろん、地元の方に見てもらい昔の亀山を思い出してほしい。若い人には当時の様子を知ってもらえればうれしい」と話している。 

(鈴木里奈)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索