トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

地元児童ら高架の新駅見学 近鉄伏屋駅

新しい線路の先を興味津々に見つめる小学生たち=名古屋市中川区伏屋の近鉄伏屋駅で

写真

 名古屋市中川区の近鉄伏屋駅で11日、名古屋方面へ向かう上り線プラットホームの高架化工事完了を記念して、地元の児童らが招かれ、新しい駅構内やホームなどを見学した。

 高架化は名古屋市と近鉄の共同事業。新川と庄内川に挟まれた、伏屋駅を含む約800メートルの区間に工事を施した。

 見学会には、同区の長須賀小の全児童約400人が参加した。各学年ごとに駅を訪れ、新しい上り線ホームに上がった。遠くまで続く線路を見つめたり、下り線を走る電車の迫力に「おお!」と声を上げたりした。

 また、工事に用いた重機に乗る体験も。見学後、2年の児童たちは「整備の人がよく考えて作ったことがすごい」「電車が通るのが楽しみ」などうれしそうに感想を話した。

 下り線は2015年に高架へ切り替え済み。上り線の完成により、同区間にある3つの踏切が取り除かれる他、高架下の6カ所に道路が新設され、交通の利便性が高まる。上り線の運行は、23日の始発から高架上へと切り替わる。   

(渡辺雄紀)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索