トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

京阪中心に100種の模型集結 大津で26日からイベント

来場を呼びかける高田さん=大津市のまちなか交流館ゆうゆうかんで

写真

 鉄道模型を鑑賞したり、操作できたりするイベント「鉄道模型ミニフェスティバル」が大津市の菱屋町商店街にある「まちなか交流館ゆうゆうかん」2階で26、27の両日開かれる。

 イベントには京阪電車の模型を中心に、関西の私鉄など約100種類の模型が集結。注目は模型の運転体験会で、模型の先頭にあるカメラの映像がモニターに映し出され、加速やブレーキを操作し実際に電車を運転している雰囲気を味わえる。

 大阪府から駆けつけ、運転体験会用の運転台を自ら製作した高田大康さん(30)は「夏休みも終盤。親子の思い出づくりに見に来てください」と来場を呼びかけた。入場無料で午前10時半から午後5時(27日は午後4時)まで。 

(市川勘太郎)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索