トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

飛騨市長「つい真剣」 旧神岡鉄道気動車の運転体験

都竹市長の運転でゆっくり走る「おくひだ2号」=飛騨市神岡町で

写真

真剣な表情で「おくひだ2号」を運転する都竹市長(左)=飛騨市神岡町で

写真

 2006年に廃線となった飛騨市神岡町の旧神岡鉄道で8月19日から気動車「おくひだ2号」の有料運転体験事業が始まる。事業開始を前に同市の都竹淳也市長が30日、体験し「つい真剣になってしまう」と面白さを語った。

 事業はNPO法人神岡・町づくりネットワークが気動車の利活用と地域活性化のため、企画した。

 この日、都竹市長は旧神岡鉄道運転士、森下伸広さん(62)の指導で車庫から本線まで約120メートルを運転した。汽笛を響かせて出発。ノッチ(アクセル)とブレーキを慎重に操作し、最高時速15キロでゆっくりと走った。

 都竹市長は「車と違い、止まるのが難しく、熟練の技だと分かった」と話した。常に緊急ブレーキのスイッチに手を掛け、運転を見守った森下さんは「市長でもうまく運転できず、運転士のメンツが保てた」と漏らした。

 体験は1組30分程度で1日5組限定。料金は体験者1万円、同伴者2000円で、お弁当付き。8月の予約は既に締め切られたが、9月以降にも開催し、順次参加者を募集する。(問)神岡・町づくりネットワーク=090(7020)5852 

(戎野文菜)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索