トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

県内鉄道の今昔紹介 三重県総合博物館で特別展

鉄道模型や貴重な写真などが並ぶ展示=津市の県総合博物館で

写真

 県内を走る鉄道の路線やその歴史を、多彩な資料や部品、模型、写真で紹介する特別展「みんなののりもの大集合」が8日、津市一身田上津部田の県総合博物館で開幕する。9月18日まで。

 県内には近鉄やJRに加え、伊勢鉄道、伊賀鉄道、三岐鉄道など個性的な鉄道がある。展示では鉄道各社や愛好家から借り受けた、古い切符や行き先案内板、信号機、連結に使う部品など約350点が並ぶ。

 近鉄からは、1979年に英国のエリザベス女王が京都から伊勢へ向かった際に座った、応接室のソファのような特別席を展示。最新の観光特急「しまかぜ」の本革を使用したシートに座れるコーナーもある。

 三岐鉄道北勢線は、幅の狭いレールで電車も小さな「軽便鉄道」。幅が2メートルに満たない車内を再現し、対面式の席に座るとすぐ目の前に向かいの乗客がいる、ローカル線独特な雰囲気が味わえる。

 伊賀鉄道からは、沿線の景色を精密に再現した鉄道模型を展示。県内の戦前の鉄道の貴重な写真や記録も多く紹介し、戦前に整備された鉄道網が健在なことも分かる。同館は「夏休みの子どもたちから本格的な鉄道ファンまで楽しめる」とアピールする。原則月曜休館。一般800円など。

  (森耕一)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索